女性にもてる男性の特徴的な仕草

ドアの前でモテる男性のしぐさ

スポンサーリンク

すべての女性が必ずと言って良いほどうれしくなってしまう瞬間というのは、レディーファーストをしてもらえたと感じる瞬間です。
女性は、女性として接してもらえたと感じられることに喜びを感じますし、男性から女性として意識してもらえたと感じることから男性を異性として意識し始めるようになります。
つまり、常に女性から異性として熱い視線を送られている男性というのは、日頃からちょっとしたなんでもないしぐさの中にレディーファーストを徹底しているというわけです。


レディーファーストを実践しやすい一番簡単でわかりやすい心掛けとして覚えておきたいのは、「ドアは女性に開けさせない」ということです。
車のドアであっても、お店のドアであっても、家のドアであってもすべて共通しています。
とにかく、目の前にドアがあったら、女性が手を出す前に自分から先にドアを開けて女性を先に通しましょう。

スポンサーリンク

難しいマナーや細かなことを言い出すときりがありませんが、ドアを開けるのは男性だという意識を徹底しているだけであっても女性の好感はグッと増します。
ふとした瞬間に男性が自分のためにドアを開けてくれるしぐさに心地良さを感じない女性はまずいません。


ただ、このときに「ドアを開けてあげるね」「先に通してあげるね」などとわざわざ余計なひと言を添えては台無しですから気を付けてください。
あくまでもさりげなく、なにげないしぐさとしておこなうことがポイントです。
わざとらしく思われるとイメージダウンにつながりかねないので注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加