女性にもてる男性の特徴的な仕草

話しかける際に意識したい男性のしぐさ

スポンサーリンク

女性は、男性からの不意打ちに対して異性としての特別な胸の高鳴りをおぼえるものです。
まったく予期していなかった形で男性からコンタクトを取られたとき、女性は相手の男性をもともと異性として意識していたかどうかにかかわらず、おもわずドキリとしてしまいます。


女性に不意打ちのコンタクトを取ると考えるとなかなか難しそうであったり、はじめからモテている男性でなければできなかったりするイメージを抱くかもしれません。
しかし、だれでもさりげなく嫌みのない形で女性に不意打ちのコンタクトを取ることが出来る簡単なしぐさというのもあります。
その代表格としておすすめなのが、後ろから声をかけるということです。

スポンサーリンク

気になる女性を見かけたら、積極的にあいさつしてみたり声をかけてみたりするという男性は多いでしょう。
もちろん声をかけるということは大切なのですが、せっかく声をかけるのであれば、しばしば後ろから近づいてあいさつしてみることをおすすめします。
女性は、前から向かってくる姿を見てから声をかけられるときとは違い、思ってもないときに突然声をかけられると、心の準備がない状態でコンタクトを取られることになります。
こうなると、自然とドキッとしてしまうのです。


大切なことは、不意打ちされてドキリとしたしぐさの余韻を残すために、声をかけたらすぐに離れるということです。
「おはよう」「お疲れさま」「ひさしぶりですね」と軽く声をかけたら、そのまま離れて不意打ちのしぐさの余韻を残すようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加