女性にもてる男性の特徴的な仕草

男性ならではの二の腕が見えるしぐさ

スポンサーリンク

女性が男性を異性として意識してしまうシーンというのは、女性にはない姿や男性ならではの体型などを目の当たりにしたときです。
男性も女性の太ももや胸元、ヒップといった女性らしい体のパーツを見ると自然とドキドキしてしまいます。
これは女性もまったく同じで、男性らしい体のパーツが見えるとドキリとしてしまうものです。


人によって異性であることを意識する体のパーツは異なりますが、その代表格が二の腕です。
とくに、ただ二の腕が見えているだけでは普通ですが、長袖をひじの上までたくしあげて重い荷物を持っている男性の二の腕というのは女性が思わずドキドキしてしまう男性の体のパーツとしてよく知られています。

スポンサーリンク

暑い日に外回りからオフィスに帰ってきたら、背広を脱いだり汗を拭いたりしますよね。
このときにカッターシャツをおもむろにたくしあげてみるだけで、一気に女性にうけるしぐさとなります。
重たい荷物を持つときに二の腕が見えるように袖をあげていれば、自然と男性ならではの筋肉を使って男性らしさを見せられるしぐさにすることができます。


できることであれば、気になる女性が見ているところで二の腕を出すしぐさを見せたいとことです。
女性の目の前で長袖をグッとたくしあげて二の腕を見せたら、女性は意識しなくとも自然と自分のことを異性として見るようになってしまいます。
どうせ何か重たい荷物を持つのであれば、さりげなく二の腕を見せてみてはいかがでしょうか。
女性は、男性の鍛えられた体をセクシーと感じるので、魅力的に映ります。
特に比較的タイトなスーツをも着こなすことができる「厚い胸板」は大切ですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加