女性にもてる男性の特徴的な仕草

男性がやめたいしぐさの代表格とは

スポンサーリンク

私たちには、誰でも自分がまったく気付いていないところで自然と繰り返しているクセがあるものです。
よくないこととは思っていても、食事をしているときについついテーブルに肘をついてしまったり、ちょっと気に入らないことがあった時におもわず舌打ちをしてしまったりといったことは、性別や年齢に関係無くよくあるクセです。


また、話し方についても「ていうか〜」「ありえない」といったような自然と何度も繰り返して使ってしまっているクセというのがよくあります。
モテたいと思っている男性であれば女性からのイメージを意識するところですが、この観点で言えばなんとか頑張って直したいのが、貧乏ゆすりです。

スポンサーリンク

貧乏ゆすりをしている男性というのは非常に多いですが、これは女性にとってかなりのイメージダウンだと思って間違いありません。
少なくとも、貧乏ゆすりというしぐさに対して良いイメージを抱くという女性はまずいないと断言して良いでしょう。
見ているほうがイライラしますし、マナーといった面でも常識を知らなかったりきちんとしたしつけをされてこなかったりというイメージに直結してしまうじつに厄介なクセです。


貧乏ゆすりがクセになっている男性はとても多いので、いちいち周りのひとも話題にしないことが多いです。
しかし、女性を意識するのであればぜひ直したいしぐさですから、同性の友人等に対して、貧乏ゆすりをしていたら指摘してほしいとお願いして克服に努めると良いでしょう。
女性が好むしぐさをすることも大切ですが、嫌がられるしぐさを止めるということも重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加